羊の木

今日は祝日の月曜日。ということで、映画観てきました。

「羊の木」と「嘘を愛する女」の2本です。

 

まずは羊の木の感想から。

 

期待通りというか、それ以上に面白かった。

人間の本質というか、誰にでも殺人ということは起こりうると思ったのと同時に、

人間って怖いなって思った。

 

見た目通りの人、見た目より優しい人、見た目ではわからない人。

見た目ではわからない人のなかでもしゃべって分からない人はほんとに怖い。

改めて感じました。

 

ただ、あの死に方は好きじゃないです。無理やりすぎます。

それ以外は満足しました。

錦戸くん、良かったです。

ただ、個人的にはこの映画にあの音楽は好きじゃないです。内面を表してるのかもしれませんが。

 

のろろ